こちらを押すと電話がつながります↓

夏でも冷え症が止まらない・冷え症がひどくなる人の原因はこれ?

いよいよ 今年のお盆休みも過ぎて、もうひぐらしも鳴き始めた伊豆高原です。

あれほど暑かったお盆までの日々がなんかちょっと懐かしくなってきませんか?

でも またこれから台風が来たり、酷暑が戻ってくるかもしれませんので、

今からしっかり栄養補給して、残暑を乗り切りましょうね。

 

さて 当院にご来院の女性患者様の多くが冷え症でお悩みの方が多いのですが、

ほとんどの方は「冷え症って夏もひどいんです。冬だけじゃないんですね。」と言っている方が中にはいます。

冷え症の経験の無い方などは冷え症は冬の寒い時に起きるものと思っている方も多いと思います。

実は冷え症は現代病の中でも夏の生活習慣で発症することが多いのです。

夏の冷え症の方はこんな症状が毎日続くと・・・

夏の冷え症対策を

夏の冷え性対策。

たとえばクーラーやエアコンの部屋で長い時間過ごしたり、

暑いからと朝は冷たいヨーグルト 昼はソーメンや冷やし中華 夜は冷たーい生ビール!!

と 一日中体の外も内も冷えたものだらけで、その多くの原因は「夏バテ」に近い

症状を自分で引き寄せているのです。

 

一般的に知られている夏の冷え症は、「冷たい、痛い、しびれる」といった症状のほかにも、

腹痛・生理痛・肩や腰の痛み・集中力の欠如・頭痛なども引き起こします。

さらに、冷たい飲み物や食べ物を摂ることで内臓まで冷えると、

「頭が重い」「体がだるい」などの夏バテと同じ症状が現れます。

 

実は冷え性かな?と思っている方は夏バテも疑ってみるのも必要です。

 

さらに女性ですと、夏バテによる冷え症はくすみがひどい肌荒れ、中々完治しないむくみ、

頭痛や肩こり、胃の働きが悪くなるなど様々な不調が現れてしまいます。

 

今からでも遅くないですので、ぜひ下記の冷え症対策を毎日少しずつでもしてみて下さい。

冷え症予防にはこの対策を

冷え性予防の4対策

まずは栄養を取ること

 

そして 軽いストレッチ運動

 

温かいお風呂でゆっくりと体を温めほぐす

 

そして ツボ押しやマッサージも効果的です。

 

夏冷え性対策をしっかりしてみてくださいね。

ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらを押すと電話がかけられます↓

伊東市 健康スポーツ整体院

伊東市 健康スポーツ整体院

アクセス


このページのTOPへ



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など見した場合は予告無く通報します。