こちらを押すと電話がつながります↓

EMSでお腹の筋肉は割れる?割れない?

こんにちは

たった30分ただ寝てるだけで、体幹運動最大12000回の筋収縮をしてくれる「コアレ・トレーニング」

伊東市で唯一の「コアレ・トレーニング」導入整体院

健康スポーツ整体院の院長 平原です。

 

さて 今回はコアレ・EMSでお腹は俗にいう6パックに割れるのか? これを検証してみたいと思います。

腹筋のイメージ

まずはEMSとはなんでしょうか?

EMSとは Electrical Muscle Stimulationの略。

直訳すると「電気で筋肉を刺激する」

理論は1960年頃にヨーロッパで誕生し、1972年のミュンヘン・オリンピックで、旧ソ連の運動選手の見事な筋肉美がEMS機械で作られたということが発表されて、EMSという名は一躍話題になりました。

それから各国のアスリート育成機関ではEMS機器の開発・使用に火がつきました。

そして、現在ではオリンピック級の超人アスリートだけの筋肉増強だけでなく、一般人のシェイプアップやダイエット、美容、リハビリ、医療とEMS装置が多岐の分野にわたり活用され始めています。

そして、今回のテーマの腹筋を割る効果のあるEMS装置とは何かを探っていきましょう。

まず、巷で宣伝されている6パックの写真が良くパッケージで掲載されている家庭用EMS装置でも、筋トレしなくても腹筋は割れるか?

つけているだけであの腹筋が本当に手に入るのか?

 

答えは、ほとんどNOの様です。

それはなぜか??

実はEMS信号での6パックの腹筋になるにはとても需要ないくつかの条件があります。

 

まず、あなたは筋肉はどうして動くと思っていますか?

通常は、筋肉が収縮運動は脳から運動神経を通って命令が伝わることで行われます。

あなたが腕を曲げようと思ったら腕が曲がり、足を上げようと思えば足が上がります。

これは、脳から各部位の筋(力こぶ)へ収縮しろという命令が伝わって、筋肉が収縮して、結果腕や足が曲がるんですね。

脳から命令


運動神経を通って信号伝達


各部位の筋肉群に命令が到着


各部位の筋肉群が収縮


曲がる

 

この脳から筋肉に「動け」という命令が伝わるこの信号が微弱な電流みたいなものです。

これを外部から人工的に擬似的な電気信号を与えること で、筋肉が動くという理屈となります。

筋肉は脳で「動け」と思わなければ通常は動きません。

でも外部から電気信号を与えて、脳で「動け」と思っていなくても筋肉が動かす。

自分の意志とは関係なく勝手に筋肉が動かすことが出来るのが、EMSです。

実は医療用や本格的に広く業務用に作られているEMS装置の電気信号は、異なる周波数の交流電流を複数の電極から出し、互いに干渉させて大きなうねりを生み出す干渉波タイプです。

干渉波にすることで身体の深いところまで届くことができ、人間が自分ではなかなか鍛えられない深層部の筋肉、いわゆるインナーマッスルを刺激し動かすことができます。

インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝は確実に上がり、体躯もがっしりとしてきて、脂肪の燃焼率も高まります。

結果、ウエストが引き締まり、腹筋が6つに割れて男性はたくましく、女性はぎゅっとスマートになるという仕組みです。

インナーマッスルだけを自分の意思で動かすことが難しいため、きついトレーニングを通して意図的に鍛える必要がありますが、脳の持つ痛点回避機能(苦痛を伴う痛みや故障を防ぐために運動機能を制限させる)にさえぎられて、実は限界まで鍛えきれません。

その点EMS装置は、脳からの刺激のかわりに電気刺激で筋肉を動かすため痛点を意識することもないので、運動機能も制限されず、ほぼ100%鍛えることができるのです。

 

そして腹筋力にしっかり届くその信号を伝えるEMS装置ちは、まず最低でもしっかりと筋肉に届く低周波干渉波タイプであることが条件です。

でも 悲しいことに巷に出回っている家庭用廉価EMSのほとんどは、筋肉に届かないレベルのボタン電池程度の電気信号であり、中には干渉波タイプですらないタイプのあるくらいです。

干渉しないのでインナーマッスルどころかアウターマッスルにもまともに届かず、皮膚表面でピリピリするだけというメイドインC●●というのもたくさんあります。

※ 注 その中には皮膚表面の電気刺激による火傷や内出血なども報告されていますのでご注意ください!

一般に周波数が大きくなれば筋肉を動かす力も大きくなりますが、皮膚への刺激は小さいといわれています。なので、周波数が最低でも4000Hzは出せる製品が必要になってきます。表皮のはるか下にある太いインナーマッスルを丸ごと動かすには、最低でもこれくらいのパワーが必要だといわれています。もちろん医療用など本格的なEMS装置の価格は周波数が大きくなるにつれて機械の値段もすごく高価になります。最近では低周波・中周波混在型の干渉波タイプや、最深部まで届かせるために高周波に低周波を乗せて送るパルス巾変調複合高周波を搭載したコアレのような最新型本格EMSが登場してきました。

実際とコアレのように業務用ですと最大出力が100kHz~500kHzなどという桁違いな効果を生み出す高周波マシンは数少ないといえるでしょう。

また、身体に張り付ける電極パットの数にも気を付けないといけません。

通常はパッド(電極)の数が6つ以上であったほうがいいと思います。

身体の立体的構造を考えれば、大きな筋肉を干渉波で動かすには複数方向からの刺激が必要であり、パッドの数は多いほうが確実に大きな力で作用します。

実際コアレは通常8枚パッドでオプションで最大16パットを身体に張ることが出来ます。

また、パッドの大きさも重要で、あまり小さなものだと腹筋への効果の範囲が狭く、非効率ですので、なるべく大きな身体に密着しやすい形のパットが効率的です。この電極パッドも消耗品ですので、数が多くなればなるほど高価なランニングコストになってきます。

コアレでのとレーニン中画像
この様に腹筋を楽に割る条件をクリアするEMSとは、必然的に高価なEMS装置になります。

価格は最低でも100万円以上、より高い効果を求めるならばご自分でオーダーメイドで数千万円以上かけて開発自作するしかないでしょう。 もちろん、身体に害が出ないように安定した周波数の電流を安全に流し続けるためには、国の安全基準を満たし、雷ガードや停電などの緊急時の装置などもしっかりとした装置でなければ 無理だと思います。

それだけの出費をご自分で納得されて、ご購入の用意できるのであればあなたの腹筋は6パックになるでしょう。

でもなるべく安い出費で楽に鍛えようと数万円程度の家庭用の簡易版EMSをという方法は初めから諦めたほうが無難と言えます。

 

では、本物のEMSとは何か?

ぜひ当院で一度コアレトレーニングを体験してみてください。

きっとあなたの身体の中のコアマッスルが反応して腹筋の収縮運動をみたしくれることでしょう。

コアレ機器イメージ002

コアレは「広域変調波MSウェーブEMS」を用いて、鍛えにくい身体の奥の筋肉「インナーマッスル」をはじめとする全身の筋肉を、楽に、しっかりトレーニングしていきます。
柔軟性の高い良質な筋肉を作り、ダイエットはもちろん身体の衰えや痛みもケアします。

詳いコアレの内容や料金表はこちらのページをご覧くださいませ。

 

コアレトレーニングは予約制になっています。 ご希望の日時が決まりましたら、事前にご予約のお電話またはメールでお問合せくださいませ。

 

静岡県・伊東市で唯一の「コアレ・トレーニング」導入店の健康スポーツ整体院 院長 平原でした。

 

※効果には個人差があります。

 

ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらを押すと電話がかけられます↓

伊東市 健康スポーツ整体院

伊東市 健康スポーツ整体院

アクセス


このページのTOPへ



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など見した場合は予告無く通報します。