こちらを押すと電話がつながります↓

腰痛ベルト・骨盤ベルトの正しい巻き方締め方

今回は骨盤ベルトの装着方法についてお伝えしたいと思います。

当院では初めてご来院の方にご自宅に腰痛ベルトがあったら持ってきてください。」

とお声掛けしております。そして、ご来院時の初問診のときにいつもつけている方法で

装着してもらってます。

そうすると、ご自身で腰痛予防や腰痛改善のために骨盤ベルトをお持ちになられている方の

多くはちょっと間違った装着方法の方がとても多いです。

お聞きしてみると、「〇〇院で買ったのだけど、つけ方は教えてくれなかった」とか

「整形外科で帰るに渡されたけど、使ってるとどんどん痛くなってきたので止めた」

なんてお声が聴かれました。

 

そうなんです。 骨盤ベルト・腰痛予防ベルトはつけ方をまちがってしまうと。

腰痛を悪化させてしまったり、腰部を誘発させてしまう場合もあるのです。

 

悪いつけ方としたら、たとえば こんなつけ方↓

間違った腰痛ベルト装着方法

       ↑↑↑骨盤ベルトのよくない締め方↑↑↑

このようなつけ方はダイエットや腹筋の締め付けておなか周りのぜい肉に刺激をあたえて、やせるには

使える方法かもしれませんが、腰痛関連の場合で使う場合はノットグッドです。

 

これでは腰を保護するのではなく、おなか周りや背骨を保護することになり

逆に背中部の大腰筋の締め付けに繋がり、腰の部分の筋肉の緊張をさらに高めてします危ない装着方法です。

 

 

正しくは 必ず骨盤を締めることを心がけて、腰にまいていきます。

ポイントは

①両サイド背中部の骨盤からベルトが飛び出さないこと

②体前方は斜め下に引っ張りながら締めて止めること

 

 

こんな感じです↓

正しい骨盤ベルトの締め方

↑↑↑当院が推奨する正しい骨盤ベルトの締め方↑↑↑

 

よく見てください。 ベルトのエンド部分がバッテン印のように重なってますよね。

もちろん骨盤から上に出てなければ前も並行に締めても悪いことはないのですが、これぐらいのほうがお腹の上にベルトがずり上がったり、ベルトが斜めに回ってしまったりすることがありません。

更にこの締め方だですと腰をしっかり固定して締めあげ、 後ろの仙腸関節を広げてて、坐骨神経や腰の腸腰筋などをすごく楽にしてあげることができるのです。

 

特に現在坐骨神経痛のひどい方やぎっくり腰中の人、これから重い荷物や中腰作業をされる方は

この締め方がとても有効だと思います。

 

難しいことはないので、一度このようなつけ方で15分ばかり歩いたり座ったりしてみてください。

腰の違和感に凄い違いがきっと出てくるはずです。 一度試してみてください。

 

(但し、例外的な腰痛症状と個人差もあるので、少しも痛くなったら中止してください)

 

できたら見様見真似よりも、専門家に指導を仰ぎながら、装着方法を現場で練習するのが上達・改善の近道ですので、お近くの施術院へ足を運んでいただけるのが一番いいと思います。

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

院長 平原

ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらを押すと電話がかけられます↓

伊東市 健康スポーツ整体院

伊東市 健康スポーツ整体院

アクセス


このページのTOPへ



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など見した場合は予告無く通報します。