こちらを押すと電話がつながります↓

痛くて歩けなかった外反母趾の施術テーピング臨床例

多くの女性を悩ませる外反母趾

偏った歩き方をしていると足指関節が変形する外反母趾の原因になります。
足の親指が小指側に向ってしまう; 靴をはくと指が痛む; 歩くときに痛い; 何もしなくても常に足が痛い; このような症状を持つ患者さんが当院でも多く来院されています。

まず当院での骨盤矯正で骨盤のゆがみがなくなって正しく歩けるようになると、外反母趾の痛みが軽減します。

さらに外反母趾対処用の母子内転筋を鍛える運動施術と出っ張っている骨を中に入れていく手技を数回に分けて施療しています。

施療の持続効果と悪化予防のためにキネシオテーピングでさらに施術しています。

当院で手技とテーピング施術をした臨床例をごらんください。

この施術を週2回6ヶ月ほど続けて、通常の朝のウォーキングは痛みも感じなく
順調とのご報告でした。

改善効果は個人差はありますが、まったく放置しておくと悪化するのは確実です。

外反母趾でご不安な方は ぜひ 一度 当院でご相談くださいませ。

ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらを押すと電話がかけられます↓

伊東市 健康スポーツ整体院

伊東市 健康スポーツ整体院

アクセス


このページのTOPへ



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など見した場合は予告無く通報します。