こちらを押すと電話がつながります↓

伊東市健康スポーツ整体院【ぎっくり腰の119番】

夫妻と産後赤ちゃんバナー

こんなご経験ありませんか?

「気持ちはあるんだけど、体がついて行かない」

「ケガで本来の自分の動きができなくて悔しい」

こんにちは。
健康スポーツ整体院、院長の平原利浩です。

当ホームページへお越しいただき、感謝いたします。

私はもともとの職業がスポーツインストラクターであったことから、ぎっくり腰にたびたび悩まされてきました。

病院に救急搬送されたのは、一度や二度ではありません。

「働きたいのに、体が言うことを聞いてくれない・・・」

病院のベッドの上、激痛で寝返りをうつこともままならず気持ちも落ちこみました。

このような経験があるので、私自身、健康で何不自由ない生活がどれほどありがたいものか?を、文字どおり”身にしみて”感じています。

そして、ケガや痛みを抱えている方が一番に望んでいることは「一刻もはやく痛みを取り除きたい」ということも体感しました。

「病は気から」と昔から言いますが、どれだけ気持ちがあっても体が不調のままでは、気持ちがどんどん落ち込んで行ってしまうのです。

だからこそ私は、患者さんの痛みをできる限りすぐに取り除いてあげて「笑顔で帰っていただく整体施術」を信条として、日々の施術にあたってきました。

しかし本音を言ってしまうと

やはり痛みを取り除くだけでは十分な施術とは言えません。

痛みが起こるには、痛みを引き起こす原因があります。
その原因を探り、それを改善しなければまた同じ症状を引き起こしてしまいます。

ですから施術家としての私の本当の役目は、痛みを取り除くだけでなくもう一歩踏み込んで、痛みを引き起こす原因を取り除くお手伝いをすることだと思っています。

それは決して簡単なことではありません。

患者さんは、おひとりおひとり個体差がありますし、趣味・趣向、生活スタイルもさまざまです。そしてつねに体の状態というのは、日々変化しています。

そのため、その時々の患者さんの状態に合わせた最適な施術やアドバイスを行わなくてはいけません。

患者さんと二人三脚

そして、再発しない体づくりには患者さんによる「自己管理」も欠かせません。

「自己管理」と聞くと、アスリートのような厳しい節制を想像されたかもしれませんね。

けれど私が患者さんにアドバイスしている「自己管理」とは、ささやかな、”ちょっとした”ことです。

例えばテレビを見ながらでもできるかんたんな運動や、食事法の実践、普段の姿勢や足を組むクセの改善など・・・。

その”ちょっとした”ことが毎日積み重なって行くと、やがて痛みを引き起こす原因が改善され、快方に向かって行きます。

微差が積み重なることで大差になる。

だからこそ、今から毎日の”ちょっとした”ことをはじめてほしいと思います。

とはいえ、自分の身を律することは誰しもなかなかできません

運動がつづけられないこともあります。
意識していないと、つい足を組んでしまうこともあります。

私もダメだとわかっていて、好きなものを好きなだけ食べてしまいます(笑)

でもそういうときがあっても別に構いません。

「そんなモンですよ?、また一緒にがんばりましょう。」

そう言って私が励ますことで気持ちがラクになるようで、患者さんは自宅療養を継続してくださっています。

患者さんの体を一緒に見つめ合って、施術を行い、アドバイスをし、時には励ます。
そうやって健康になって行っていただくお手伝いをしています。

痛みを取り除くだけでなく「もう一歩踏み込む」。

それは患者さんの心に「もう一歩寄り添う」ことであり、そして患者さんと気持ちが通じ合うことが健康になっていただく第一歩だと日々感じています。

結局は、健康のヒケツを端的に表すとすれば「痛みを起こさないための日々の”ちょっとした”努力の積み重ね」と言えると思います。

正直、がっかりされたかもしれません

こんな当たり前のことは、私があらためてお伝えするまでもなないのかもしれません。

こんな当たり前のことしかお伝えできないようでは、もっと簡単に痛みを取り除ける方法を期待して、他の治療院さんに行ってしまわれるしれません。

ひょっとしたら、もっとうまい伝えかたがあったのかもしれません。

けれど私は、本音を包み隠さずお伝えする方法しか浮かびませんでした。
つくづく自分が不器用だと思います。

そもそも自分が身を持ってぎっくり腰を経験しなければ、患者さんの気持ちを理解できませんでした。

それこそずいぶんと不器用な生き方だと、我ながらに思います。

ですが、不器用だからこそ人の痛みがわかるようになれたのだとも思っています。

不器用は不器用なりに患者さんの心に寄り添って、誠心誠意、治療にあたっていることをご理解いただければありがたいです。

究極の健康法とは?

最後に、

私は究極の健康法とは「人のために尽くす」ことだと考えています。

自分のためだけでなく、患者さんや、家族や仲間といった「大切な誰か」のために尽くし、そしてその人の喜ぶ顔を見られることが、私のやる気と元気の源となってパワーをみなぎらせてくれています。

あなたが健康でいることで喜ぶ人がいます。

あなたの大切な人たちのために、健康でいつづけてください。
もちろん私もその一人です。

そのために、お互い努力して痛みを取り除くとともに、再発しない体を作って行きましょう。

もし今あなたが辛い痛みを抱えているなら、一度、当院へお越し下さい。
ご来院、心よりお待ちしております。

伊東市健康スポーツ整体院 院長 平原利浩
健康スポーツ整体院
院長 平原 利浩

ご予約・お問合せ

ご予約・お問い合わせはこちらを押すと電話がかけられます↓

伊東市 健康スポーツ整体院

伊東市 健康スポーツ整体院

アクセス


このページのTOPへ



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信など見した場合は予告無く通報します。